ママパパに伝えたい情報を募集中! 詳しくはこちら

【お金で比較】山梨の子育てしやすい市ランキングTOP13

今回は、「お金」の観点における山梨県内で子育てのしやすい市ランキングを作成しました。

出産祝い金や乳幼児医療費助成などを比較したランキングを発表します。

ただし、山梨県内の27市町村すべてではなく、今回は「市」のみを比較の対象としていますことをあらかじめご了承ください。

目次

山梨県内で子育てがしやすいのはどこ?

山梨で検索

子育てのしやすさは、環境や助成の内容などのさまざまば要因によって変わると思います。

しかし今回はあえて、「お金」という観点に絞って比較をしていきたいと思います。

やはり子育てのネックの1つは「お金」であることは間違いありません。

そこで今回は、以下の4つの項目で比較をしていきます。

子育てのしやすさ比較項目
  1. 出産祝いの比較
  2. 乳幼児医療費助成 通院時の比較
  3. 乳幼児医療費助成 入院時の比較
  4. 0歳児の認可保育所月額保育料の比較

以後発表するランキング等は、あくまでもデータからおすすめ度を一個人が点数化したものです。

個人的な観点による見解だということをお忘れのないよう、よろしくお願い致します。

①山梨県内の市でもらえる出産祝い

出産祝い

各出産祝いの内容については、細かい条件があります。

今回は、単純に出産祝いとしてもらえる特典を比較してみました。

詳細を知りたい方は、各市役所にお問い合わせくださいね。

もらえる出産祝いの比較

スクロールできます
おすすめ度出産祝いの内容
甲府市
(3.0 / 5.0)
絵本がもらえる
富士吉田市
(0.0 / 5.0)
なし
都留市
(0.0 / 5.0)
なし
山梨市
(5.0 / 5.0)
第1子:5万円
第2子:10万円
第3子以降:20万円
大月市
(4.5 / 5.0)
第1子:3万円
第2子:5万円
第3子以降:10万円
韮崎市
(3.0 / 5.0)
一律1万円
南アルプス市
(0.0 / 5.0)
なし
北杜市
(5.0 / 5.0)
一律10万円
甲斐市
(3.0 / 5.0)
記念樹がもらえる
笛吹市
(0.0 / 5.0)
なし
上野原市
(5.0 / 5.0)
第1子:5万円
第2子:10万円
第3子以降:50万円
甲州市
(3.5 / 5.0)
第1子:0万円
第2子:5万円
第3子以降:15万円
中央市
(0.0 / 5.0)
なし
引用:goo住宅・不動産

一人目から10万円給付される北杜市は、最も優秀と言えるでしょう。

最も条件が良いのは北杜市

しかし、第3子以降に50万円がもらえる上野原市もなかなかの好条件です。

また、山梨県では、どの市町村でも出産後に「はじめてばこ」が無料でもらえます。

こちらは申し込みが必要となりますので、まだの人は今すぐチェックしてみてくださいね。

今すぐチェック!

②山梨県内の市による乳幼児医療費助成 通院時

次に、山梨県内の市による乳幼児医療費助成(通院)の対象年齢を見てみましょう。

通院時における医療費助成の比較

スクロールできます
おすすめ度対象年齢
甲府市
(3.0 / 5.0)
中学校卒業まで
富士吉田市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで
都留市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで
山梨市
(3.0 / 5.0)
中学校卒業まで
大月市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで
韮崎市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで
南アルプス市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで
北杜市
(3.0 / 5.0)
中学校卒業まで
甲斐市
(3.0 / 5.0)
中学校卒業まで
笛吹市
(3.0 / 5.0)
中学校卒業まで
上野原市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで
甲州市
(3.0 / 5.0)
中学校卒業まで
中央市
(3.0 / 5.0)
中学校卒業まで
引用:goo住宅・不動産

どこの市でも所得制限はありませんので、全家庭が対象となります。

中学校卒業まで医療費の助成があるのは嬉しいですね。

さらに、18歳3月末までというのは、実質高校卒業まで医療費の助成があるということです。

ここまで保障が手厚いと安心して子育てができるでしょう。

③山梨県内の市による乳幼児医療費助成 入院時

けがや病気で長期に入院することになると、子供の様子だけでなく、正直お金も心配なところ。

通院時の助成に続き、ここでは入院時の医療費助成に関する比較を見ていきたいと思います。

また、入院時の食事療養費の助成があるかどうかも一緒に見ていきましょう。

入院したときは、食事にかかる費用1日3食1,380円を限度に1食あたり460円を患者が負担します(食事療養標準負担額)。

入院時における医療費助成の比較

スクロールできます
おすすめ度対象年齢入院時食事療養費
の助成
甲府市
(4.0 / 5.0)
中学校卒業まで
富士吉田市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで×
都留市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで×
山梨市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで
大月市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで×
韮崎市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで×
南アルプス市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで×
北杜市
(3.0 / 5.0)
中学校卒業まで×
甲斐市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで
笛吹市
(4.0 / 5.0)
中学校卒業まで
上野原市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで×
甲州市
(5.0 / 5.0)
18歳3月末まで×
中央市
(4.0 / 5.0)
中学校卒業まで
引用:goo住宅・不動産

甲斐市は入院時の医療費助成が18歳3月末まであるほか、入院時食事療養費の標準負担額の自己負担もありません(市の助成あり)。

最も条件が良いのは甲斐市

子供が病気などで入院したときも、お金の心配をしなくて済みますね。

④山梨県内の市における0歳児の認可保育所月額保育料

保育士と子ども

最後に、山梨県内の市で0歳児を認可保育所に預けたときに発生する月額保育料を比較していきたいと思います。

ここでは、市民税所得割額が169,000円以上237,000円未満の世帯を基準とします(世帯年収641万円~690万円程度)。

そもそも共働きでなければ0歳児保育の受け入れをしてもらえないことがほとんどと思われますので、母親と父親が共働きをしている家庭を想定しています。

0歳児における保育料の比較

スクロールできます
おすすめ度月額保育料
甲府市
(3.0 / 5.0)
44,400円
富士吉田市
(2.5 / 5.0)
46,000円
都留市
(2.0 / 5.0)
47,000円
山梨市
(3.5 / 5.0)
41,000円
大月市
(3.0 / 5.0)
43,000円
韮崎市
(3.5 / 5.0)
39,900円
南アルプス市
(4.0 / 5.0)
37,500円
北杜市
(4.5 / 5.0)
35,000円
甲斐市
(5.0 / 5.0)
33,500円
笛吹市
(3.5 / 5.0)
39,000円
上野原市
(2.0 / 5.0)
47,200円
甲州市
(3.5 / 5.0)
39,000円
中央市
(4.0 / 5.0)
38,000円
引用:goo住宅・不動産

0歳児の認可保育所月額保育料が一番安いのは、甲斐市の33,500円でした。

最も安いのは甲斐市の33,500円

また、一番高いのは、上野原市の47,200円です。

最も高いのは上野原市の47,200円

同じ世帯年収であっても、月額13,700円もの差があるのは結構驚きですね。

月額保育料の差は最大13,700円
(世帯年収650万前後を想定)

山梨の子育てしやすい市ランキングTOP13

ママと赤ちゃん

ここまで、以下の4つの項目について比較検証をしてきました。

子育てのしやすさ比較項目
  1. 出産祝い
  2. 乳幼児医療費助成 通院時
  3. 乳幼児医療費助成 入院時
  4. 0歳児の認可保育所月額保育料

これまでのおすすめ度の合計点数によって、”お金”の観点でみる「山梨の子育てしやすい市ランキングTOP13」は、以下の通りです。

お金という点に着目したランキングです。

子育てのしやすい市ランキングTOP13

順位総合点
第1位大月市17.5
第2位上野原市17
第3位山梨市16.5
第3位韮崎市16.5
第5位甲斐市16
第6位北杜市15.5
第7位甲州市15
第8位南アルプス市14
第9位甲府市13
第10位富士吉田市12.5
第11位都留市12
第12位中央市11
第13位笛吹市10.5

これまでの比較してきた内容をまとめると、大月市が子育てに関わるお金の観点では最も好条件であることがわかりました。

お金の面で子育てのしやすい市
NO.1は大月市

ただし、これはあくまでも子育てにかかるお金の負担がより少ない市をランキング化したものです。

実際「子育てのしやすさ」というのは、勤務地から自宅までの距離、実家・義実家と自宅の距離、周辺施設の充実度、保育園や幼稚園への入園のしやすさなど、さまざまな要因が関わってくると思います。

こちらのランキングは参考程度にみていただけるよう、お願いします。

アンパンマングッズがもらえる!

>>無料のプレゼントをチェック!

子育て関連の記事をチェック!

付箋の電球マーク

今回は、子育てのしやすさを「お金」という観点において見てきました。

当サイトでは、山梨在住のママさんがより楽しく充実した生活をおくることができるよう、さまざまな記事を定期的に発行していますので、是非チェックしてみてくださいね!

今すぐチェック!

子育て支援センターリスト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる