Instagramで最新情報を配信中! こちらから ≫

【お金で比較】山梨の子育てしやすい市おすすめランキング5選

手をつなぐ親子

今回は、「お金」の観点における山梨県内で子育てのしやすい市のおすすめランキングを作成しました。

出産祝い金や乳幼児医療費助成などを比較したランキングを発表します。

ただし、山梨県内の27市町村すべてではなく、今回は「市」のみを比較の対象としていますことをあらかじめご了承ください。

タップできる目次

山梨県内で子育てがしやすいのはどこ?

山梨で検索

子育てのしやすさは、環境や助成の内容などのさまざまば要因によって変わると思います。

しかし今回はあえて、「お金」という観点に絞って比較をしていきたいと思います。

やはり子育てのネックの1つは「お金」であることは間違いありません。

そこで今回は、以下の3つの項目で比較をしていきます。

子育てのしやすさ比較項目
  1. 出産祝いの比較
  2. 乳幼児医療費助成の比較
  3. 0歳児の認可保育所月額保育料の比較

以後発表するランキング等は、あくまでもデータからおすすめ度を一個人がランキング化したものです。

個人的な観点による見解だということをお忘れのないよう、よろしくお願い致します。

①山梨県内の市でもらえる出産祝い

出産祝い

各出産祝いの内容については、細かい条件があります。

今回は、単純に出産祝いとしてもらえる特典を比較してみました。

詳細を知りたい方は、各市役所にお問い合わせくださいね。

もらえる出産祝いの比較

スクロールできます
出産祝いの内容
甲府市
富士吉田市
都留市
山梨市第1子:5万円
第2子:10万円
第3子以降:20万円
大月市第1子:3万円
第2子:5万円
第3子以降:10万円
韮崎市一律1万円
木のスプーン
南アルプス市
北杜市第1子:10万円
第2子:30万円
第3子以降:30万円
など
甲斐市記念樹
笛吹市
上野原市第1子:5万円
第2子:10万円
第3子以降:50万円
甲州市一律10万円
中央市
2023/1/31時点

一人目から10万円給付されるか二人目は30万円給付の「北杜市」が最も優秀と言えるでしょう。

最も条件が良いのは北杜市

また、一律で10万円もらえる甲州市も、子どもは一人と決めているご家庭にとっては好条件と言えるでしょう。

山梨県では、どの市町村でも出産後に「はじめてばこ」が無料でもらえます。

こちらは申し込みが必要となりますので、まだもらっていない人は今すぐチェックしてみてくださいね。

今すぐチェック!

②山梨県内の市による乳幼児医療費助成

次に、山梨県内の市による乳幼児医療費助成(通院/入院)の対象年齢を見てみましょう。

通院・入院時における医療費助成の比較

スクロールできます
対象年齢
甲府市18歳3月末まで
富士吉田市18歳3月末まで
都留市18歳3月末まで
山梨市18歳3月末まで
大月市18歳3月末まで
韮崎市18歳3月末まで
南アルプス市18歳3月末まで
北杜市18歳3月末まで
甲斐市18歳3月末まで
笛吹市18歳3月末まで
上野原市18歳3月末まで
甲州市18歳3月末まで
中央市18歳3月末まで
2023/1/31時点

どこの市でも所得制限はありませんので、全家庭が対象となります。

乳幼児医療費助成に差はない

数年前までは「中学卒業まで」という自治体もありましたが、2023年1月にはすべての市で18歳まで対象が拡大されています。

18歳3月末までというのは、実質高校卒業まで医療費の助成があるということです。

ここまで保障が手厚いと安心して子育てができそうですね。

③山梨県内の市における0歳児の認可保育所月額保育料

保育士と子ども

最後に、山梨県内の市で0歳児を認可保育所に預けたときに発生する月額保育料を比較していきたいと思います。

ここでは、市民税所得割額が169,000円以上237,000円未満の世帯を基準とします(世帯年収641万円~690万円程度)。

そもそも共働きでなければ0歳児保育の受け入れをしてもらえないことがほとんどと思われますので、母親と父親が共働きをしている家庭を想定しています。

0歳児における保育料の比較

スクロールできます
月額保育料
甲府市44,400円
富士吉田市46,000円
都留市47,000円
山梨市41,000円
大月市43,000円
韮崎市39,900円
南アルプス市0円
北杜市35,000円
甲斐市33,500円
笛吹市39,000円
上野原市47,200円
甲州市39,000円
中央市38,000円
引用:goo住宅・不動産

南アルプス市では、2022年4月より「保育料の第一子無償化」が始まりました。

最も安いのは南アルプス市の0円

また、一番高いのは、上野原市の47,200円です。

最も高いのは上野原市の47,200円

同じ世帯年収であっても、月額47,200円もの差があるのはかなり驚きですね。

月額保育料の差は最大47,200円
(世帯年収650万前後を想定)

山梨の子育てしやすい市おすすめランキング5選

ママと赤ちゃん

ここまで、以下の3つの項目について比較検証をしてきました。

子育てのしやすさ比較項目
  1. 出産祝い
  2. 乳幼児医療費助成
  3. 0歳児の認可保育所月額保育料

ここまでの情報をまとめていく中で、”お金”の観点でみる「山梨の子育てしやすい市pししめランキング5選」は、以下の通りです。

あくまでも「お金」という点に着目したランキングです。

子育てしやすい市①南アルプス市

なんといっても、保育料の第一子無償化が凄すぎる!

0歳~2歳までの児童が対象なので、0歳から保育園に預ける方なら南アルプス市に住むべきだと言えるでしょう。

南アルプス市を選んだ理由

第一子も保育料が無料だから

子育てしやすい市②北杜市

北杜市は、出産祝いとしてもらえるお金が多いというのがポイントです。

第1子:10万円
第2子:30万円
第3子以降:30万円など

また、0歳の月額保育料も山梨県内の市では、3番目に安いというのも大きなメリットと言えるでしょう。

北杜市を選んだ理由

出産祝い金が多い
保育料が安い

子育てしやすい市③甲斐市

甲斐市は、南アルプス市の0円を除くと「山梨県内の市で最も保育料が安い」というのがポイントです。

ただし、出産時には記念樹しかもらえず、お金による助成がないのが残念なポイントです。

甲斐市を選んだ理由

保育料が安い

子育てしやすい市④甲州市

甲州市は、保育料が安く出産祝いで第一から10万円もらえるというのがポイントです。

甲州市を選んだ理由

保育料が安い
出産祝いが一律10万円

子育てしやすい⑤中央市

中央市は、出産祝い金はないものの、0歳の月額保険料が山梨県内の市では4番目に安いというのがポイントです。

中央市を選んだ理由

保育料が安い

お金の面で考えると、子育てしやすい市としておすすめなのは、「南アルプス市」と「北杜市」の2つです。

0~2歳で子どもを保育園に入れることを考えるならば、南アルプス市が圧倒的に有利であると言えるでしょう。

お金の面で子育てのしやすい市
NO.1は南アルプス市

ただし、これはあくまでも子育てにかかるお金の負担がより少ない市をランキング化したものです。

実際「子育てのしやすさ」というのは、勤務地から自宅までの距離、実家・義実家と自宅の距離、周辺施設の充実度、保育園や幼稚園への入園のしやすさなど、さまざまな要因が関わってくると思います。

こちらのランキングは参考程度にみていただけるよう、お願いします。

子育て関連の記事をチェック!

付箋の電球マーク

今回は、子育てのしやすさを「お金」という観点において見てきました。

当サイトでは、山梨在住のママさんがより楽しく充実した生活をおくることができるよう、さまざまな記事を定期的に発行していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

子どもと楽しい毎日を!

このサイトでは、子どもと楽しい毎日を送るための情報を提供しています。

以下の記事もぜひチェックしてみてくださいね!

手をつなぐ親子

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次